お知らせ:サイトのデザインをリニューアルしました!

英語の数えられる名詞の特徴と使い方

英語の名詞には数えられる名詞と数えられない名詞があります。

たとえば、appleという名詞は単数形であればan appleと表現され、複数形であればapplesです。

この場合のappleという単語は数えることができる名詞です。

今回の記事では、この数えられる名詞に関して、その特徴・使い方などを詳しくお話ししていきます。

先日の数えられる名詞と数えられない名詞の違いに関しての記事はこちらをどうぞ。

英語の数えられる名詞と数えられない名詞の違い、数量の表し方

数えられる名詞の特徴

数えられる名詞は以下のような特徴があります。

  • 単数形の場合、名詞単体では使えない(a/an, the, my等が名詞の前に付く)
  • 複数形であらわすことができる(複数形は名詞単体で使える)-※
  • 「○○匹」などと数で表すことができる

※FishやSheepなどは例外で、複数形になりませんが数えられる名詞です。また、複数にする必要がない名詞もあります。例:a look など

以下で、各特徴に関して詳しくお話ししていきますね。

単数形の場合、名詞単体では使えない(a/an, the, my等が名詞の前に付く)

単数形の数えられない名詞の場合は、名詞単体で使うことができずa/an, the, my等(代名詞の所有格)が通常セットになります。

対照的に、数えられない名詞の場合は単数形という概念がなくa/anは付けることができません。

例:

  • I had an apple. 「私はりんごを1つ持っていました。」
  • I ate the apple.「私はそのりんごを食べました。」
  • It was my apple. 「それは私のりんごでした。」

a/anの使い分け基本ルール

a/anの基本の使い分けは、その数えられる名詞が母音から始まればan、子音から始まればaを使います。

不定冠詞 aとanの使い分け、oneと置き換える時のルールについて詳しくはこちらの記事を参考にしてください。

不定冠詞 aとanの使い分け、oneと置き換える時のルール

複数形であらわすことができる(複数形は名詞単体で使える)

数えられる名詞は、複数形で表すこともできます。

対照的に、数えられない名詞の場合は複数形で使うことができません。

数えられる名詞の複数形は、以下のように名詞単体で使うことができます。

例:

  • There are apples at home.「家にりんごが(複数)あります。」
  • I like apples.「私はりんごが好きです。」

 

また、特定の複数の名詞を指す場合は、theを付けます。

I ate the apples at home. 「私は家にあった(複数の)りんごを食べました。」

「○○匹」などと数で表すことができる

複数形の数えられる名詞は数で表すことができます。

数で表す場合は、数を表す数名詞をつかったり、数量を表すsome, many, a few などを使うことも可能です。

例:

  • I need two apples. 「私はりんごが2つ必要です。」
  • We have some apples at home.「家にいくつかりんごがあります。」
  • We bought a few apples.「私たちはりんごは2、3個買いました。」
  • There are many apples at the shop. 「お店にはりんごがたくさんあります。」

 

数えられる名詞の基本以外の使い方

ここからは、ほんの一部ですが数えられる名詞の基本以外の使い方を紹介していきます。

a/an+形容詞+名詞で物、または、人がどういう物、または、人かを表すことができる。

a/an+形容詞+数えられる名詞の単数形で、その名詞がどういう物、人かなどを表すことができます。

この形容詞は名詞の物や人を修飾する単語を使います。

以下の例文を参考にしてください。

例:

  • This is a sweet apple.「これは甘いりんごです。」
  • It was an expensive apple.「それは高いりんごでした。」
  • My mother is a strong person.「私の母は強い人です。」
  • Tony is a nice guy. 「トニーはいい人です。」

 

類似した感じで、複数形の名詞も修飾することができますが、複数形の場合はa/anは付きません。

例:

  • These are sweet apples.「これらは甘いりんごです。」
  • They were expensive apples.「それらは高いりんごでした。」
  • They are kind people.「彼らは親切な人達です。」
  • My friends are friendly people. 「私の友達は友好的な人達です。」

 

人・生き物等の特徴を表す時

人や生き物等の特徴を表す場合は、主語+have(has) ~という形式で表現できます。

例:

  • My cat has big eyes.「私の猫は大きい目をしています。」(the big eyes は誤り)
  • My friend has a long nose.「私の友達の鼻は長いです。」
  • He has long arms.「彼の腕は長いです。」
  • She has a pretty face. 「彼女はかわいい顔をしています。」

この場合、名詞の前にtheを付けるのは誤りです。

まとめ

今回の記事では、以下の数えられる名詞の特徴を詳しくお話ししました。

  • 単数形の場合、名詞単体では使えない(a/an, the, my等が名詞の前に付く)
  • 複数形であらわすことができる(複数形は名詞単体で使える)-※
  • 「○○匹」などと数で表すことができる

※FishやSheepなどは例外で、複数形になりませんが数えられる名詞です。また、複数にする必要がない名詞もあります。例:a look など

数えられる名詞はa/anと深く関わりのある名詞なので、a/anの記事も目を通してみてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください