sorry to ~ 「~してごめん」の使い方と例文

「邪魔してごめん」というように「~してごめん」という日本語がありますね。

「~してごめん」という英語表現は、sorry to ~ という英語を使って作ることが可能です。

今回の記事は、この「~してごめん」という表現の英語を例文と一緒に紹介します!

「~してごめん」という表現の英語

今回紹介する「~してごめん」という英語の基本文型は以下です。

基本の文型

[I am] sorry to +動詞 ~「~してごめん」

I am を付けた方が少し丁寧な表現になります。

それでは例文を見ていきましょう!

「~してごめん」という表現の例文

「~してごめん」という例文を紹介していきます。

Sorry to bother you.

「面倒/迷惑かけてごめん」

↑文の最後に again を付けて、何度も同じ人にEメールで色々質問している時などに私はこの表現をよく使います。

Sorry to interrupt you.

「邪魔してごめん」

↑これは話しているのを止めた時や、仕事している人に話しかける時などに使うことができます。

Sorry to email you so many times.

「何度もEメールしてごめん」

Sorry to wake you up.

「起こしてごめん」

Sorry to call you very late.

「遅くに電話してごめん」

Sorry to hurt you.

「傷つけてごめん」

「~してごめん」の類似表現

「~してごめん」の類似表現もぜひ参考にしてくださいね!

「ごめんなさい」だけじゃない!sorry の色々な使い方と例文

sorry 以外にも色々な「ごめんなさい」という表現の英語と例文

shameなどを使った色々な「残念だ」という英語の表現と例文

Twitterで紹介して頂いた類似表現も参考にしてね!

https://twitter.com/zakiyamaenglish/status/1246756370218504193?s=20

今日の表現のおさらい

今回紹介した「~してごめん」という英語の基本文型は以下です。

基本の文型
[I am] sorry to +動詞 ~「~してごめん」

「~してごめん」という表現の英語と例文を紹介しました!

 

この記事がみなさんの英語学習に役立ちましたらうれしいです。

ご質問がございましたらコメント欄にご記入いただくか、お問い合わせフォームよりお送りくださいませ。

下のボタンから記事をシェアして頂けるととても喜びます!!どうぞよろしくお願いします。

 

 

Twitterで関連表現と一緒にシェアして頂いた場合は、記事にTweetを掲載せさせて頂きます!(全てのTweetを掲載できない場合がありますのでご了承ください)

 

Twitterでシェア頂く場合は @haruo_nz を添えてTweetをお願いします☆(この場合私に通知が届きます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください