「ごめんなさい」だけじゃない!sorry の色々な使い方と例文

I’m sorry. は「ごめんなさい」という意味だと習いましたよね。

sorry という単語は、実は「ごめんなさい」と謝る時に使うだけでなく他にも色々な場面で使うことができます!

今回の記事は、この sorry という単語の色々な使い方を例文と一緒に紹介します!

sorry という英単語の使い方

今回紹介する sorry という英単語は、以下のような場面で使うことができます!

  • 謝る時「ごめんなさい」
  • 相手に聞き返す時「何といいました?」(語尾を上げて使う)
  • 相手に共感する時「お気の毒に思う」
  • 残念に思う時「残念だ」
  • 後悔する時「後悔して」

それでは例文を見ていきましょう!

sorry を使った表現の例文

sorry を使った例文を紹介していきます。

謝る時「ごめんなさい」の例文

I’m sorry.

「ごめんなさい」

I’m sorry about what I said.

「私が言ったことに対して謝ります」

相手に聞き返す時「何といいました?」の例文

Sorry?

「何といいました?」

Sorry?は語尾を上げて使います。I’m sorry? という事も可能です。

相手に共感する時「お気の毒に思う」の例文

I’m sorry to hear the bad news.

「悪い知らせを聞いて気の毒に思う」

I’m sorry. だけでも「お気の毒に」という意味で使うことができます。

I’m sorry for your loss.

「お悔やみ申し上げます」

残念に思う時「残念だ」の例文

I’m sorry that you can’t come to the wedding.

「あなたが結婚式に来られなくて残念に思います」

後悔する時「後悔して」の例文

If you eat a lot today, you will be sorry tomorrow.

「もし今日たくさん食べたら明日後悔するよ」

Twitter で紹介いただいた sorry の関連表現&追加情報

Twitterで紹介いただいた関連表現や追加の説明も参考にしてくださいね!

https://twitter.com/zakiyamaenglish/status/1234496609242644480?s=20

https://twitter.com/Around4088/status/1234616263797657600?s=20

今日の表現のおさらい

今回紹介した sorry は以下のような場面で使うことができます!

  • 謝る時「ごめんなさい」
  • 相手に聞き返す時「何といいました?」(語尾を上げて使う)
  • 相手に共感する時「お気の毒に思う」
  • 残念に思う時「残念だ」
  • 後悔する時「後悔して」

以上、今回は sorry という英単語の使い方と例文を紹介しました!

 

この記事がみなさんの英語学習に役立ちましたらうれしいです。

ご質問がございましたらコメント欄にご記入いただくか、お問い合わせフォームよりお送りくださいませ。

下のボタンから記事をシェアして頂けるととても喜びます!!どうぞよろしくお願いします。

 

 

Twitterで関連表現と一緒にシェアして頂いた場合は、記事にTweetを掲載せさせて頂きます!(全てのTweetを掲載できない場合がありますのでご了承ください)

 

Twitterでシェア頂く場合は @haruo_nz を添えてTweetをお願いします☆(この場合私に通知が届きます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください