お知らせ:サイトのデザインをリニューアルしました!

日本人が間違えやすい”Delicacy”という英単語の使い方と「無神経」という英語

日本では無神経な人のことを「デリカシーがない」と良く言いますね。

この「デリカシー」という言葉はアルファベットで書くと”Delicacy”となるのですが、日常で使われる英語の意味は全然ちがいます。

今回の記事では日本人が間違えて使いやすいこの”Delicacy”の使い方と、「無神経」」という表現の英語を紹介します。

日本人が間違えて使いやすい”Delicacy”という英単語

“Delicacy”という英単語には、確かに「繊細」という意味もあります。

しかし、日常的に”Delicacy”という単語は「特別な食べ物」「めずらし食べ物」という意味で使われます。

たとえば、”Truffles are delicacies”.という英文は、「トリュフはめずらしい食べ物です。」という意味になります。

“Delicacy”という単語は、「デリカシーがない」という意味では通常使われないので注意してください!

「デリカシーがない」という英語の表現

では、無神経という意味の「デリカシーがない」と英語で表現するにはどうしたらいいでしょう?

「無神経な」という意味の英語は、”insensitive”, “inconsiderate”, “thick-skinned”などの英単語を使うことができます。

これらの英単語は形容詞です。

それでは、実際に例文を見ていきましょう。

「無神経な」という表現の英語の例文

日本語:彼の発言はとても無神経だった。
English: His remark was very insensitive
日本語:彼女はいつも無神経なことを言う。
English: She always says something inconsiderate
日本語:私の上司はとても無神経だ。
English: My boss is so think-skinned
日本語:あなたは自分が無神経だと気づていないのですが?
English: Don’t you realise you are inconsiderate
日本語:何か無神経なことを言いましたか?
English: Did I say anything insensitive? 

以上、日本人が間違えて使いやすい”Delicacy”の使い方と、「無神経」」という表現の英語を紹介しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください