「もっと~したかった」「もう~したくなかった」の英語表現と例文

「彼女はもっと眠りたかった」というように「もっと~したかった」という日本語がありますね。

「もっと~したかった」という英語表現は、wanted(want の過去形) to + 動詞 ~ 比較級 という英単語を使って作ることが可能です。

今回の記事は、この「もっと~したかった」「もう~したくなかった」という表現の英語を例文と一緒に紹介します!

「もっと~したかった」「もう~したくなかった」という表現の英語

今回紹介する「もっと~したかった」「もう~したくなかった」という英語の基本文型は以下です。

基本の文型
  • 主語 + wanted to + 動詞 ~ 比較級「もっと~したかった」
  • 主語 + didn’t want to + 動詞 ~ 比較級「もう~したくなかった」

それでは例文を見ていきましょう!

「もっと~したかった」「もう~したくなかった」という表現の例文

「もっと~したかった」「もう~したくなかった」という例文を紹介していきます。

「もっと~したかった」という表現の例文

I wanted to go home earlier.

「もっと早く家に帰りたかった」

She wanted to sleep more.

「彼女はもっと眠りたかった」

I wanted to be with you longer.

「私はもっと長くあなたといたかった」

「もう~したくなかった」という表現の例文

We didn’t want to stay there any longer.

「私たちはそこにこれ以上長く滞在したくなかった」

The children didn’t want to play any more.

「子供たちはもう遊びたくなかった」

David didn’t want to eat any more.

「デイビッドはもう食べたくなかった」

今日の表現のおさらい

今回紹介した「もっと~したかった」「もう~したくなかった」という英語の基本文型は以下です。

基本の文型
  • 主語 + wanted to + 動詞 ~ 比較級「もっと~したかった」
  • 主語 + didn’t want to + 動詞 ~ 比較級「もう~したくなかった」

「もっと~したかった」「もう~したくなかった」という表現の英語と例文を紹介しました!

 

この記事がみなさんの英語学習に役立ちましたらうれしいです。

ご質問がございましたらコメント欄にご記入いただくか、お問い合わせフォームよりお送りくださいませ。

下のボタンから記事をシェアして頂けるととても喜びます!!どうぞよろしくお願いします。

 

 

Twitterで関連表現と一緒にシェアして頂いた場合は、記事にTweetを掲載せさせて頂きます!(全てのTweetを掲載できない場合がありますのでご了承ください)

 

Twitterでシェア頂く場合は @haruo_nz を添えてTweetをお願いします☆(この場合私に通知が届きます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください