「かなり」「完全に」程度を表す英単語 quite の使い方と例文

quite a few や quite different などのquite を使った表現を聞いたことがありますか?

quiteは「かなり」や「完全に」などと程度を表す単語で、日常会話でとてもよく使われます。

今回の記事は、この quite という英単語の使い方を例文と一緒に紹介します!

quiteという英単語の使い方

quiteは副詞。口語的な表現なので、堅めの文章では使わないほうがいいです。

今回紹介する quite という英単語は以下のように程度を表します。

  • 「かなり」
  • 「まったく」「完全に」(特定の単語を組み合わせた場合)

quite「かなり」の使い方

名詞、形容詞、動詞の前につけることで、後に続く言葉を「かなり」と修飾します。

有名な英文法書「English Grammar in Use」では、quite について以下のように説明されています。

Quite … = less than ‘very’ but more than ‘a little’.

つまり、quite は very「とても」と a little「少しの」の間の程度を示すということですね。

quite と名詞や名詞節を組み合わせる場合

quite と名詞や名詞節を組み合わせる場合で冠詞のa/an が付く場合、quite の後に a/an が来ます。

≪例≫

正:quite a big house 

誤:a quite big house

他の例は下で紹介している例文を参考にしてくださいね!

quite「まったく」「完全に」の使い方

quiteは特定の単語を組み合わせる事で、「まったく」「完全に」という意味で使われます。

「English Grammar in Use」では、特定の単語のリストを掲載してます。

以下の単語を参照にしてください。

sure
right
true
clear
different
incredible
amazing
certain
wrong
safe
obvious
unnecessary
extraordinary
impossible

≪例≫

  • quite different「全く違っている」
  • quite safe「完全に安全だ」

quite を使った表現の例文

それでは、quite を使った表現の例文を紹介していきます!

quite「かなり」の例文

It is quite cold.

「かなりさむい」

There were quite a few people.

「かなりたくさんの人がいた」

It is quite a lot.

「かなりたくさんだ」

It is quite a large area.

「かなり広い空間だ」

It was quite a surprise.

「かなり驚きだった」

I quite like him.

「私はかなり彼が気に入っている」

quite「まったく」「完全に」の例文

It’s quite different.

「全く違がっている」

It’s quite obvious.

「完全に明らかだ」

今日の表現のおさらい

今回紹介した quite という英単語は以下のように程度を表します。

  • 「かなり」
  • 「まったく」「完全に」(特定の単語を組み合わせた場合)

以上、今回は quite という英語の使い方と例文を紹介しました!

 

この記事がみなさんの英語学習に役立ちましたらうれしいです。

ご質問がございましたらコメント欄にご記入いただくか、お問い合わせフォームよりお送りくださいませ。

下のボタンから記事をシェアして頂けると泣いて喜びます!!どうぞよろしくお願いします。

 

 

Twitterで関連表現と一緒にシェアして頂いた場合は、記事にTweetを掲載せさせて頂きます!(全てのTweetを掲載できない場合がありますのでご了承ください)

 

Twitterでシェア頂く場合は @haruo_nz を添えてTweetをお願いします☆(この場合私に通知が届きます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください