お知らせ:サイトのデザインをリニューアルしました!

「ふわふわ」という意味の英語”fluffy”の使い方・例文

「ふわふわ」という言葉は、猫・犬の毛、雲、布団やベットなどに使いますね。

たとえば、「ふわふわの猫」「ふわふわの雲」などですね。

この「ふわふわ」という様子を表すには、fluffy という英語を使う事ができます。

この記事では、「ふわふわ」という意味の fluffy という英語の使い方・例文を紹介します。

fluffyという英語の使い方

fluffyという単語は、形容詞です。つまり、名詞を修飾する言葉です。

形容詞は以下のような文で使用することができます。

  • A is fluffy.
  • B has fluffy ~.

AとBには、主語が入ります。

1つ目の文は「Aはふわふわです。」という意味です。

たとえば、This dog is fluffy. ですと、「この犬はふわふわです。」となります。

2つ目の文は「Bはふわふわの~を持つ。」という意味です。~の部分には名詞が入ります。

たとえば、She has fluffy hair. であれば、「彼女はふわふわの髪を持ちます。」となります。

その他、Fluffy ~ の~部分に名詞を入れて主語や目的語として使う事もできます。

たとえば、Fluffy clouds are moving in the sky. であれば、「ふわふわの雲が空で動いています。」となります。

fluffy を使った英文

それでは、実際の例文を見ていきましょう。

「このネコはふわふわだ。」

This cat is fluffy.

「このベットはとてもふわふわです。」

This bed is very fluffy.

「このネコはふわふわの毛を持っている。」

This cat has fluffy fur.

「私はふわふわのベットで眠りたい。」 

I want to sleep on a fluffy bed.

「ふわふわの毛布はありますか?」

Do you have a flully blanket?

「ふわふわのパンがあります。」 

There is fluffy bread.

応用編:比較級・最上級で使う場合

「このパンは他のパンよりふわふわです。」

This bread is fluffier than the others.

「どの毛布が一番ふわふわですか?」

 Which blanket is the fluffiest?

まとめ

今回の記事では、「ふわふわ」という意味の fluffy という英語の使い方・例文を紹介しました。

fluffy という単語は形容詞で名詞を修飾する言葉で、色々なふわふわな物に使う事ができます。

ぜひ覚えて活用してください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください