「支払い期日の来た」「満期の」などの表現の due の使い方と例文

「支払の期日は今日です」というように「支払い期日の~」という表現がありますね。

due は「支払い期日の来た」「満期の」という表現として使える英語です。

今回の記事は、この due という英語表現の使い方を例文と一緒に紹介します!

due という英単語の使い方

今回紹介する due という英語表現は以下ような意味があります。

  • 「到着予定で」「誕生予定で」
  • 「(金銭が)当然に支払われるべき」
  • 「満期の」「支払い期日の来た」

それでは例文を見ていきましょう

due を使った表現の例文

due を使った例文を紹介していきます。

The train was due to arrive 10 minutes ago.

「電車は10分前に到着予定でした」

When is she due?

「彼女の出産予定日はいつですか?」

When is the due date?

「支払期日/期限はいつですか?」

due day は「支払い期日」や課題や書類提出なの「期限」という意味があります。

The payment is due today.

「支払の期日は今日です」

Twitter で紹介いただいた due の関連表現&追加情報

Twitterで紹介いただいた関連表現や追加の説明も参考にしてくださいね!

今日の表現のおさらい

今回紹介した due は以下のような意味があります!

  • 「到着予定で」「誕生予定で」
  • 「(金銭が)当然に支払われるべき」
  • 「満期の」「支払い期日の来た」

以上、今回は due という英語表現と例文を紹介しました!

 

この記事がみなさんの英語学習に役立ちましたらうれしいです。

ご質問がございましたらコメント欄にご記入いただくか、お問い合わせフォームよりお送りくださいませ。

下のボタンから記事をシェアして頂けると泣いて喜びます!!どうぞよろしくお願いします。

 

 

Twitterで関連表現と一緒にシェアして頂いた場合は、記事にTweetを掲載せさせて頂きます!(全てのTweetを掲載できない場合がありますのでご了承ください)

 

Twitterでシェア頂く場合は @haruo_nz を添えてTweetをお願いします☆(この場合私に通知が届きます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください