couldだけじゃない!?「~できた」という表現の英語と例文

「~できる」の過去形「~できた」は英語でどう表現するか知っていますか?

「『~できる』はcanだから、その過去形のcouldじゃないの?」と思う方は少なくないかもしれません。

しかし、実際にはcouldを使って「~できた」と表現できる状況は限られているのです。

今回の記事は、この「~できた」という表現の英語を例文と一緒に紹介します!

「~できた」という表現の英語

「~できた」という英語には主に以下の3つを使って表現することができます。

  • could ~「~できた」
  • was/were able to ~「~することができた」
  • managed ~「~をやり遂げた」

上の3つの表現は若干のニュアンスが差があるのです。

有名な英文法書「English Grammar in Use」では以下のように説明されています。

We use could for general ability. But if you want to say that somebody did something in a specific situation, use was/were able to or managed to (not could).

つまり、could は全般的な能力を表していて、誰かが何かを特定の状況で行った場合は was/were able to か managed to が適しているということですね。

 

また、日本で人気のある「一億人の英文法」でも、can と be able to の違いについて説明があります。

「実際にやったなら can でなく be able to を使え」

「一億人の英文法」で紹介されている例文を見ると、could は「やろうと思えばできた」という時に使うのに対し、was able toは「実際にできた」という状況で使われるということを理解できました。

みなさん、could を使うことができる状況が理解できたでしょうか?

それでは例文を見ていきましょう!

「~できた」という表現の例文

「~できた」という各表現の例文を紹介していきます。

could ~「~できた」例文

We could buy the tickets online before.

「以前はオンラインでチケットを買うことができた」

We could go to the town centre by tram 20 years ago.

「20年前はトラムで町の中心部に行くことができた」

was/were able to ~「~することができた」例文

I was able to access my email account yesterday.

「昨日私はEメールのアカウントにアクセスできた」

He was able to write his name when he was 4 years old.  

「彼は4歳の時に自分の名前を書くことができた」

managed ~「~をやり遂げた」例文

I managed to arrive at the airport on time.

「空港に時間通りに着くことができた」

I managed to book a hotel room yesterday.

「昨日ホテルの部屋を予約することができた」

まとめ

「~できた」という英語は主に以下の3つを使って表現することができます。

  • could ~「~できた」
  • was/were able to ~「~することができた」
  • managed ~「~をやり遂げた」

各表現は少しずつニュアンスが違うので、状況に合わせた使い分けが必要です。

実際にやってのけた事に対しては、was/were able to ~ か managed ~を使いましょう!

 

以上、今回は「~できた」という表現の英語と例文を紹介しました!

この記事がみなさんの英語学習に役立ちましたらうれしいです。

ご質問がございましたらコメント欄にご記入いただくか、お問い合わせフォームよりお送りくださいませ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください