未来完了形「~なことになるだろう」の英語表現と例文

「来年の4月、私はニュージーランドに10年間住んだことになるだろう」というように、未来のことについて「~なことになるだろう」という日本語がありますね。

未来のことについて「~なことになるだろう」という英語表現は、will have done ~ の未来完了形の表現を使って作ることが可能です。

今回の記事は、未来完了形「~なことになるだろう」という表現の英語を例文と一緒に紹介します!

未来完了形「~なことになるだろう」という表現の英語

今回紹介する、未来完了形の「~なことになるだろう」という英語の基本文型は以下です。

基本の文型

主語 will have 過去分詞 ~.「~なことになるだろう」「~になっているだろう」

この表現は未来完了形と呼ばれ、未来のある時点で完了している動作や経験などについて述べる時に使うことのできる表現です。

それでは例文を見ていきましょう!

未来完了形「~なことになるだろう」という表現の例文

「~なことになるだろう」という英語の例文を紹介していきます。

I will have lived in New Zealand for 10 years in April next year.

「来年の4月、私はニュージーランドに10年間住んだことになるだろう」

When you arrive at my place, the lamb will have already been cooked.

「あなたが私の家に着く時、ラム肉はすでに料理されているだろう」

They will have arrived in Parris by the time we wake up tomorrow morning.

「私達が明朝起きる時までには彼らはパリに着いているだろう」

By the time you graduate from university, you will have learnt a lot.

「あなたが大学を卒業する時までにはたくさんの事を学んでいるだろう」

She will have been able to walk again when I see her next time.

「彼女に次回会う時、彼女は再び歩けるようになっているだろう」

I watch a movie every day. I will have watched 1000 movies by the end of next year.  

「私は映画を毎日見る。来年末までには1000本の映画を見たことになるだろう」

今日の表現のおさらい

今回紹介した未来完了形「~なことになるだろう」という英語の基本文型は以下です。

基本の文型

主語 will have 過去分詞 ~.「~なことになるだろう」「~になっているだろう」

「~なことになるだろう」という表現の英語と例文を紹介しました!

 

この記事がみなさんの英語学習に役立ちましたらうれしいです。

ご質問がございましたらコメント欄にご記入いただくか、お問い合わせフォームよりお送りくださいませ。

下のボタンから記事をシェアして頂けるととても喜びます!!どうぞよろしくお願いします。

 

 

Twitterで関連表現と一緒にシェアして頂いた場合は、記事にTweetを掲載せさせて頂きます!(全てのTweetを掲載できない場合がありますのでご了承ください)

 

Twitterでシェア頂く場合は @haruo_nz を添えてTweetをお願いします☆(この場合私に通知が届きます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください