「〇〇にとってXXするには~すぎる」の英語表現と例文

「それは彼女にとって理解するには難しすぎる」というように「〇〇にとってXXするには~すぎる」という日本語がありますね。

「〇〇にとってXXするには~すぎる」という英語表現は、too 形容詞 for 名詞 to do ~ のなど表現を使って作ることが可能です。

今回の記事は「〇〇にとってXXするには~すぎる」「〇〇にとってXXするには~すぎない」という表現の英語を例文と一緒に紹介します!

「〇〇にとってXXするには~すぎる」「〇〇にとってXXするには~すぎない」という表現の英語

今回紹介する「〇〇にとってXXするには~すぎる」「〇〇にとってXXするには~すぎない」という英語の基本文型は以下です。

基本の文型
  • 主語 be動詞 too 形容詞 for 名詞 to 動詞 ~.「[主語]は〇〇にとってXXするには~すぎる」
  • 主語 be動詞 not too 形容詞 for 名詞 to 動詞 ~.「[主語]は〇〇にとってXXするには~すぎない」

※名詞は「〇〇」の部分にあたり、人や物事などの単語・代名詞などが入ります。

それでは例文を見ていきましょう!

「〇〇にとってXXするには~すぎる」「〇〇にとってXXするには~すぎない」という表現の例文

「〇〇にとってXXするには~すぎる」「〇〇にとってXXするには~すぎない」という英語と関連表現の例文を紹介していきます。

「〇〇にとってXXするには~すぎる」という表現の例文

This question is too easy for you to answer.

「この質問はあなたにとって答えるには簡単すぎる」

It was too difficult for her to understand.

「それは彼女にとって理解するには難しすぎる」

This car is too big for me to drive.

「この車は私にとって運転するには大きすぎる」

「〇〇にとってXXするには~すぎない」という表現の例文

It is not too late for you to start over.

「あなたにとって最初からやり直すには遅すぎない」

6am is not too early for me to get up.

「午前6時は私にとって起きるには早すぎない」

The coat is not too big for me to wear.

「このコートは私にとって着るには大きすぎない」

今日の表現のおさらい

今回紹介した「〇〇にとってXXするには~すぎる」「〇〇にとってXXするには~すぎない」という英語の基本文型は以下です。

基本の文型
  • 主語 be動詞 too 形容詞 for 名詞 to 動詞 ~.「[主語]は〇〇にとってXXするには~すぎる」
  • 主語 be動詞 not too 形容詞 for 名詞 to 動詞 ~.「[主語]は〇〇にとってXXするには~すぎない」

「〇〇にとってXXするには~すぎる」「〇〇にとってXXするには~すぎない」という表現の英語と例文を紹介しました!

 

この記事がみなさんの英語学習に役立ちましたらうれしいです。

ご質問がございましたらコメント欄にご記入いただくか、お問い合わせフォームよりお送りくださいませ。

下のボタンから記事をシェアして頂けるととても喜びます!!どうぞよろしくお願いします。

 

 

Twitterで関連表現と一緒にシェアして頂いた場合は、記事にTweetを掲載せさせて頂きます!(全てのTweetを掲載できない場合がありますのでご了承ください)

 

Twitterでシェア頂く場合は @haruo_nz を添えてTweetをお願いします☆(この場合私に通知が届きます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください