カジュアルな「待たせてごめん」という英語表現と例文

今回紹介するのはカジュアルな「待たせてごめん」という日本語です。

「待たせてごめん」という英語表現は、Sorry to keep you waiting. など色々な英語を使って作ることが可能です。

今回の記事は「待たせてごめん」という表現の色々な英語を例文と一緒に紹介します。

「待たせてごめん」という表現の英語

今回紹介する「待たせてごめん」という英語は基本文型を覚えるよりも、フレーズとして覚えてしまった方がいいと思うので例文で説明していきます。

カジュアルな表現なので、sorry から始まっていますが、I’m sorry にすると少し丁寧な言い方になります。

それでは例文を見ていきましょう!

「待たせてごめん」という表現の例文

「待たせてごめん」という英語と関連表現の例文を紹介していきます。

Sorry to keep you waiting.

「待たせてごめん」  

Sorry for making you wait.

「待たせてごめん」  

Sorry for the wait.

「待たせてごめん」

Thank you for waiting.

「待ってくれてありがとう」

Sorry that I have kept you waiting.

「(今まで)待たせてごめん」

Sorry that it has been taking a long time.

「(今まで)長い時間がかかってごめん」

今日の表現のおさらい

今回は「待たせてごめん」という表現の英語と例文を色々と紹介しました!

全てよく使われる表現なのでフレーズとして覚えて使ってください。

 

この記事がみなさんの英語学習に役立ちましたらうれしいです。

ご質問がございましたらコメント欄にご記入いただくか、お問い合わせフォームよりお送りくださいませ。

下のボタンから記事をシェアして頂けるととても喜びます!!どうぞよろしくお願いします。

 

 

Twitterで関連表現と一緒にシェアして頂いた場合は、記事にTweetを掲載せさせて頂きます!(全てのTweetを掲載できない場合がありますのでご了承ください)

 

Twitterでシェア頂く場合は @haruo_nz を添えてTweetをお願いします☆(この場合私に通知が届きます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください