「~とは限らない」等の表現の not necessarily の使い方と例文

「嘘をつくということは必ずしも悪い事ではない」というように「~とは限らない」「必ずしも~でない」という表現がありますね。

not necessarily は「~とは限らない」「必ずしも~でない」という表現として使える英語です。

今回の記事は、この not necessarily という英語表現の使い方を例文と一緒に紹介します!

not necessarily という英単語の使い方

今回紹介する not necessarily という英語表現は以下ような意味があります。

  • 「~とは限らない」
  • 「必ずしも~でない」

この表現は、日常会話・ビジネス会話・堅めの文章でも使うことが可能です。

それでは例文を見ていきましょう!

not necessarily を使った表現の例文

not necessarily を使った例文を紹介していきます。

Not necessarily.

「そうとは限らない」

↑このフレーズは口語表現です。

It’s not necessarily all divers can swim well.

「全てのダイバーがうまく泳げるとは限らない」

Silence does not necessarily mean agreement.

「沈黙は必ずしも同意ではない」

Lying is not necessarily a bad thing.

「嘘をつくということは必ずしも悪い事ではない」

not necessarily の関連表現

Twitterでご紹介いただいた関連表現もどうぞ参考にしてください!

https://twitter.com/misiinengland/status/1225063297122283526?s=20

今日の表現のおさらい

今回紹介した not necessarily は以下のような意味があり、日常会話・ビジネス会話・堅めの文章でも使うことが可能です!

  • 「~とは限らない」
  • 「必ずしも~でない」

以上、今回は not necessarily という英語表現と例文を紹介しました!

 

この記事がみなさんの英語学習に役立ちましたらうれしいです。

ご質問がございましたらコメント欄にご記入いただくか、お問い合わせフォームよりお送りくださいませ。

下のボタンから記事をシェアして頂けると泣いて喜びます!!どうぞよろしくお願いします。

 

 

Twitterで関連表現と一緒にシェアして頂いた場合は、記事にTweetを掲載せさせて頂きます!(全てのTweetを掲載できない場合がありますのでご了承ください)

 

Twitterでシェア頂く場合は @haruo_nz を添えてTweetをお願いします☆(この場合私に通知が届きます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください