「~するほうがいい」「~しないほうがいい」という英語表現と例文

「あなたは急いだほうがいい」というように「~するほうがいい」という日本語がありますね。

「~するほうがいい」という英語表現は、had better do ~ などの表現を使って作ることが可能です。

今回の記事は「~するほうがいい」「~しないほうがいい」という表現の英語を例文と一緒に紹介します!

「~するほうがいい」「~しないほうがいい」という表現の英語

今回紹介する「~したはずがない」という英語の基本文型は以下です。

基本の文型
  • 主語 had better 動詞原形 ~.「~するほうがいい」
  • 主語 had better not 動詞原形 ~.「~しないほうがいい」

注意:Youを主語にして使うと「~しなさい」「~するべき」という意味が含まれるので、目上の人には使わない方がいいかもしれません。

それでは例文を見ていきましょう!

「~するほうがいい」「~しないほうがいい」という表現の例文

「~するほうがいい」「~しないほうがいい」という英語の例文を紹介していきます。

You had [You’d] better hurry.

「あなたは急いだほうがいい」

I had [I’d] better keep my mouth shut.

「私は黙っていたほうがいい」

They had [They’d] better stay home.

「彼らは家にいたほうがいい」

You had [You’d] better not say that.

「あなたはそれを言わないほうがいい」

I had [I’d] better not sleep too much during the day.

「私は日中あまり眠りすぎないほうがいい」

Tony had better not eat ice cream too much.

「トニーはアイスクリームを食べすぎないほうがいい」

「~するほうがいい」「~しないほうがいい」の関連表現

こちらの関連表現もぜひ参考にしてくださいね!

https://twitter.com/haruo_nz/status/1170624058276208641?s=20

今日の表現のおさらい

今回紹介した「~するほうがいい」「~しないほうがいい」という英語の基本文型は以下です。

基本の文型
  • 主語 had better 動詞原形 ~.「~するほうがいい」
  • 主語 had better not 動詞原形 ~.「~しないほうがいい」

「~するほうがいい」「~しないほうがいい」という表現の英語と例文を紹介しました!

 

この記事がみなさんの英語学習に役立ちましたらうれしいです。

ご質問がございましたらコメント欄にご記入いただくか、お問い合わせフォームよりお送りくださいませ。

下のボタンから記事をシェアして頂けるととても喜びます!!どうぞよろしくお願いします。

 

 

Twitterで関連表現と一緒にシェアして頂いた場合は、記事にTweetを掲載せさせて頂きます!(全てのTweetを掲載できない場合がありますのでご了承ください)

 

Twitterでシェア頂く場合は @haruo_nz を添えてTweetをお願いします☆(この場合私に通知が届きます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください