「全然違う」から「全く同じ」までの違いの度合いを表す英語と例文

「違う」と「同じ」は反対の意味の言葉です。

ただ、物事は「違う」と「同じ」だけの2つにきっちり分けられるわけではなく「とても違う」「少し違う」など違いの度合いがありますね。

今回の記事は、この「全然違う」から「全く同じ」までの「違う」の度合いを表現する英語を例文と一緒に紹介します!

「全然違う」から「全く同じ」までの英語表現

今回紹介する「全然違う」から「全く同じ」までの「違う」の度合いを表現する英語は以下です。

  • completely/totally different「全然違う」
  • very/quite different「とても違う」
  • slightly different「少し違う」
  • almost/pretty much the same「ほとんど同じ」※
  • completely the same / identical「全く同じ」

※類似表現で much of a muchness「似たり寄ったり」「どんぐりの背比べ」というカジュアルな表現もあります。

それでは例文を見ていきましょう!

「全然違う」から「全く同じ」までの英語表現の例文

「全然違う」から「全く同じ」までの英語表現の例文を紹介していきます。

These two flowers are completely/totally different.

「これら2輪の花は全然違う」

You are very/quite different from the others.

「あなたは他の人達ととても違う」

The amount is slightly different from the one in this document.

「その金額はこの書類の金額と少しだけ違う」

Your bag is almost/pretty much the same as mine.

「あなたのカバンは私の物とほとんど同じだ」

These documents are completely the same/identical.

「これらの書類は全く同じだ」

今日の表現のおさらい

今回紹介した「全然違う」から「全く同じ」までの「違う」の度合いを表現する英語は以下です。

  • completely/totally different「全然違う」
  • very/quite different「とても違う」
  • slightly different「少し違う」
  • almost/pretty much the same「ほとんど同じ」
  • completely the same / identical「全く同じ」

以上、今回は「全然違う」から「全く同じ」までの「違う」の度合いを表現する英語を例文を一緒に紹介しました!

 

この記事がみなさんの英語学習に役立ちましたらうれしいです。

ご質問がございましたらコメント欄にご記入いただくか、お問い合わせフォームよりお送りくださいませ。

下のボタンから記事をシェアして頂けるととても喜びます!!どうぞよろしくお願いします。

 

 

Twitterで関連表現と一緒にシェアして頂いた場合は、記事にTweetを掲載せさせて頂きます!(全てのTweetを掲載できない場合がありますのでご了承ください)

 

Twitterでシェア頂く場合は @haruo_nz を添えてTweetをお願いします☆(この場合私に通知が届きます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください